理系大学院生のとみー

皆様のお役に立てるような記事を書けるように頑張ります。

教育という名の病

著書「教育という名の病」 感想

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 今回、私は「はじめに」、序章「リスクと向き合うために」、第三章「運動部活動における体罰と事故、終章「市民社会における教育リスク」を読んだ。本書で、筆者は現在の教育に対して多くの問題点を指摘…