2019年ラグビーワールドカップ開幕 ラグビーについて一目でわかる説明をします。

本日ラグビーワールドカップ日本代表が19:45から初戦のロシア戦を迎えます。

 

 

そこでラグビーについて出来るだけわかりやすく解説していこうと思います。

 

 

まず、ラグビーのルールについて簡単に説明します。

 

 

 

ラグビーは1チーム15人でボールを奪い合い、相手陣地に運ぶゲームです。

 

 

 

その際前にパスを出してはいけません。

 

 

 

パスを出す場合は自分のラインより後ろに投げるか前に蹴らなければなりません。

 

 

 

蹴るといってもボールの形が特徴的なのでとても難しいです。

 

 

 

相手の攻撃を阻止するときはタックルして大丈夫です。

 

 

 

しかし、ボールを持っている人にしかできません。

 

 

 

ボールを奪い合うときにそのボールに人が密集することで試合が中断することがあります。

 

 

 

そうすると、スクラムというのが行われ、両チーム8人ずつががっちり組み合い、押し合いを始めます。

 

 

 

得点はトライによって5点、その後のキックが決まればさらに2点入ります。

 

 

 

他にもペナルティゴール3点などがあります。

 

 

 

簡単に説明したのですが、要するにボールを体張って奪い合い相手陣地に運べば得点できます。

 

 

 

とても迫力満点です。

 

 

 

去年は南アフリカに歴史的勝利をして話題になったラグビーですが、今年はどうでしょうか。

 

 

 

今年のメンバーを見てみると前回大活躍した五郎丸選手がいません。なぜか。

 

 

 

 

調べてみるとチームの方針が変わったことが起因しているそうです。

 

 

 

 

五郎丸選手は今でもチームの核として活躍しているのですが、年齢ももう33歳になります。そのため、俊敏性が必要なポジションを務める五郎丸選手は年齢的に厳しいそうです。

 

 

 

残念ですが、仕方ないですね。

 

 

 

 

また、ラグビーの日本代表には外国人の名前が多い気がします。これはなぜか。

 

 

 

 

これは他の競技に比べて条件が緩いためです。その条件とは

・両親、祖父母に日本人が最低1人いる

・日本で生まれた

・日本で3年以上続けて住んでいる

 

 

 

 

この3つのいずれかを満たすだけで日本代表になることができます。

 

 

しかし、日本代表になるということは祖国を裏切ることになるので外国人が日本代表を名乗るのは非常に勇気がいると思います。

 

 

 

ですから、我々も日本人と同じように全力で応援したいですね。

 

 

最後にラグビーの応援についてです。

 

 

 

ラグビーは敵チーム味方チームでサッカーや野球みたいに応援席が分かれていません。

 

 

 

さらにノーサイドゲームといって勝っても負けてもお互いのチームを称え合います。

 

 

 

この真摯さがラグビーの大きな魅力でもあります。

 

 

以上のようにラグビーの魅力、疑問について説明してきました。

 

 

 

是非ラグビーの試合を観て楽しんでください。