慶応大アメフト部活動自粛 部員の不適切行為とは一体何なのか!?



昨日のニュースで慶応大学のアメリカンフットボール部は複数の部員に著しく不適切な行為があったとして無期限で活動を自粛することを発表しました。





慶応大学のアメリカンフットボール部は部員が150名以上いる超名門です。





先日、早実野球部が不祥事によって秋季大会に出場を辞退する形になっていました。





最近、名門校による不祥事が多くなっている気がします。





今回の慶応大のアメリカンフットボール部は不祥事の内容について非公開としていますが、一体何があったのか。





私は今回の不祥事の内容は被害者がいるため、内容を説明していないのでは考えています。





一番有力な説は性関連の問題でしょう。




早実野球部の時も内容は非公開とされていましたが、週刊誌に暴露され、性関連の破廉恥な動画が拡散したためということがわかりました。



ですから今回の事件もそうなんじゃないかなと思っています。





また、今回は大学生なので動画が拡散というよりは、被害女性がいるという可能性が非常に高いと思います。





さらに複数人ということですから、集団強制性交という最悪な事態も考えられます。





他にもいじめという説もあります。





部内で何らかの悪質ないじめがあり、公表していないのかもしれません。





なぜ、早稲田大学、慶応義塾大学といった名門校による不祥事が後を絶たないのか。





私はスポーツ推薦の弊害だと思っています。





早実も慶応も共通しているのは体育会系の部活による事件だということです。



スポーツ推薦だとスポーツの能力に長けていれば入学できてしまうので勉強を全くしてこなかった人がいると思います。





その結果、このような事件が起きやすくなっているのだと思います。





今まで憶測を書いてきましたが、実際のところは何があったかわかりません。





しかし、複数人の軽率な行動で他の大多数の部員たちにとても迷惑をかけてしまっているのは間違いありません。





また、不祥事によって大学の信用度も大きく下がると思われます。





数人の行動が何千人もの関係のない人たちに影響を及ぼすのです。





加害者の生徒はもっと自分の行動に自覚を持っていただきたいです。





同じ大学生として最近の若い人はだらしないといわれてはこちらも腹が立ちます。



また、このような事件を減らすためにも小中での教育の質の改善を測るべきだと思います。





これからの反省と行動に期待をしています。





僕も大学生として自覚を持った行動を心がけていこうと思います。





閲覧いただきありがとうございました。