原発は絶対に廃止すべき その理由とは



今日は原発というテーマについてやっていこうと思います。


今回も中田敦彦のYouTube大学を参考にこの記事を書きます。


ぜひ興味のある方はリンクを貼っておくので是非見てください。

【政治】まだ解決していない「原発問題」〜原発の歴史編〜①

【政治】憲法改正問題(第9条)の本質に中田が切り込む!〜核心編〜②
私は今回この動画を見ていろいろと考えさせられました。



以前の僕は国の電力を賄うには原発は必要不可欠だと思っていました。


しかし、実際に原発は問題が山積みであり、危機的状況にあるのです。


まず、原子力発電がどのような経緯で行われるようになったのか。


それは戦争が絡んでいます。


第二次世界大戦が終わり、核兵器を各国が使うこともなくなりました。


それによりせっかく開発した核が無駄になったのです。


そこでアメリカが今後は核を平和利用しようと打ち出し、原子力発電を推し進め始めました。


それにより世界各地に原子力が作られるようになりました。



それは当然日本にもです。


さあ、日本ではどのように原子力が広がったのか。


1953年アイゼンパワー米大統領の原子力発電の演説から始まり、新聞、テレビを通して原子力発電の宣伝がされるようになりました。


その後、1956年に正力松太郎氏が原子力推進委員会の委員長に就任し、5年以内に採算の取れる原発建設を推し進めようとしました。


これにもアメリカのバックアップがあったとされています。


しかしながら、安全性を疑われ地域住民からは反対運動が各地で行われました。


この運動は1974年の原子力船の放射能漏れの事件で一気に過熱しました。


この運動を沈下させたのがあの田中角栄です。


彼は原発を立てた地域に交付金を出すという案を出したことにより、多くの地域が原発建設に名乗りをあげるようになりました。



これにより、54基の原発が最終的に建設されています。


現在は9基しか稼働していませんが。


しかしながら、悪夢はここからです。


アメリカのスリーマイル島、ソ連のチェルノブイリなど多くの地域で原発事故が起き、またもや安全面の問題が浮き彫りになったのです。


最終的には日本でも誰も忘れることのない福島での悲惨な原発事故が起こりました。


この事件により、全国の原発は稼働停止になりました。


このような歴史を原発はたどってきました。


さて、本題のなぜ廃止すべきかという話題に入っていきましょう。



先ほど言った安全面の問題も一つあります。


皆さんは福島の事故で危険性が分かっていると思いますが、事故によって放射能が漏れ、人体に悪影響をもたらします。


この問題以外に問題点はもう一つあります。


それは核のゴミ問題です。


この問題があまり知られていないようです。


僕も知りませんでした。


核のごみとは原子力発電を行う際に発生するごみのことです。


このゴミがどのような問題を引き起こしているのか。


大きく二つです。



それは非常に有害である点と処理できる技術がない点です。


まず核なので有害なのは言うまでもありません。


次に処理の問題です。


このゴミは今の技術だと完全になくなるまで何万年もかかります。


また、このゴミを現在は処理できないのでその場しのぎでただおいているのです。


有害なものを置いているんですよ。


ほんとにやばいですよね。


もうそのゴミを置く場所がないのも現状なのです。


早く止めないとこのゴミは増えていく一方なのです。



だから、僕は一刻も早く定位しすべきだと思います。


原発再稼働とか言っている場合じゃないと思います。


以上のように原発について書いていきました。


学校やテレビでは原発って結構いいものだと教えられてきた人も多いと思います。


しかしこれは国民をそういうものだと思い込ませる政府の戦略だったのです。


ですから皆さんも原発問題について自分自身で調べてもっと考えていってほしいです。


ここまで読んでいただき本当にありがとうございます。


これを読んで多くの人が原発について今一度考えてくれたらうれしいです。


より良い世界を目指していきましょう。