プロ野球はオフシーズンの方がむしろ面白い!



2日間自分の都合のためにブログをお休みさせていただいておりました。




今日からまた毎日更新していこうと思います。




いつも応援してくださっている方々、今後ともよろしくお願いいたします。




さて、今回のテーマはまたまたプロ野球です。




先週シーズンが終わってしまい、悲しんでしまっているファンの方々も多いと思います。



しかし、シーズンが終わった今が一番面白いんですよ。



もちろん、試合はないですが、別の楽しみ方ができるのです。




一番面白いのがやっぱり選手の動向です。




オフシーズンのなると、自由契約(球団から残念ながら契約を解除されること)になった選手、FA(プロに入り一定の期間がたつと自分の行きたい球団と交渉でき、成立すれば移籍できるという権利)になった選手の争奪戦が面白いんです。




今年はソフトバンクの福田選手、ロッテの益田投手、鈴木大地選手、楽天の美馬投手などが権利を持っています。



ここから、し烈な争奪戦が始まります。




僕が一番注目しているのはフトバンクの福田選手です。




ソフトバンクの福田選手と言えば連続盗塁成功記録を持つなどホークスのスーパーサブとして活躍していました。




走攻守ともにレベルが非常に高いのでどの球団も欲しいと思います。




しかしながら、選手層の厚いソフトバンクに所属しているとあって年間通してレギュラーに定着することはできていませんでした。



ですから、僕としては他球団に行って、1年通してレギュラーで出場したらどのくらいの成績を残すのかにとても注目しています。




ホークスとしても必要な選手なので複数年契約で引き留めにかかると思うのですが、スーパーサブで終わる選手ではないと思うので是非活躍のできる場に移籍してもらいたいです。




また人的保障も面白いです。




人的保障とはランクを年俸によってA~Cに振り分け、A,Bランクの選手を獲得する場合、その選手の補償として金銭もしくはプロテクト外の選手を移籍させなければいけません。




去年は巨人が丸と炭谷を獲得した際に人的保障として功労者の長野と内海が流出するという非常に痛い事件が起きました。




どの選手を球団がプロテクトするのか。



ここもFAの魅力の一つです。




少しはオフシーズンの魅力も分かってもらえたでしょうか。




有名選手が移籍することで来シーズンの結果が大きく変わったりします。




ですから、各球団は必死に引き止めたり、獲得しようとしたりします。




また、助っ人外国人を獲ったり、トライアウトで獲ったりとプロ野球市場を見るのもとても面白いと思いますよ。




シーズンが終わってしまって残念と思っている方、実は今がプロ野球は熱いんですよ。


以上です。