中村哲さん銃撃事件 犯人は一体何者なのか?誰なのか? 許せません。 



先日、アフガニスタンで医師の中村哲さんが銃撃によってなくなってしまったという事件がありました。日本中に衝撃が走ったこの事件に僕もショックを受けました。逃走中の犯人はいったい何者なのでしょうか。
headlines.yahoo.co.jp
以上のような事件に関する記事が多く上がっていますのでぜひ読んでみてください。



概要
アフガニスタンでかんがい事業などに取り組む福岡市の非政府組織(NGO)「ペシャワール会」の現地代表、中村哲さん(73)が亡くなって一夜明けた5日、関係者は活動を支えてきた中村さんの死をあらためて悼ました。

 同会によると、中村さんの遺体は司法解剖の後に首都カブールに安置されているが、死因の情報はまだ届いていないといいます。妻の尚子さん(66)と長女、同会事務局の計5人が出国の準備をしており、早ければ6日未明にも現地に向けて出発するといいます。

 同会の事務所には全国からお悔やみの電話が相次いでいます。福元満治広報担当理事は報道陣の取材に「事業を継続するためにどうするのかが一番の課題だが、最も相談すべき人がいない」と嘆きました。

 中村さんの母校であり、2014年には特別主幹教授に就任した九州大。医学部でともに学んだ久保千春学長は、大学3年時に中村さんから無医村でのボランティア活動に誘われた思い出を振り返り、「恵まれない人たちのためにやっていきたいという信念を持っていると感じた。同じように志す人が出てくると思う」と話しました。
(出典:Yahoo!ニュース)



ネットの反応
「日本人」なり「中村医師」なりが「狙われた」という方が日本社会にとってインパクトがあるのはわかりますが、それならばなぜ「男たちが立ち去った後車内を見ると”日本人の他は皆死んでいた”」のでしょうか?記事中のような襲撃状況で「日本人を狙った計画的犯行」なら、襲撃側は「日本人を確実に仕留めた」ことを確認してから立ち去りませんか?筆者が知る限り、現時点において襲撃側の意図や主張を示す情報は発信されていません。そんな中でいたずらに憶測を巡らせ、不安をあおるだけの記事には心底怒りを感じます。

中村医師を尊敬します。生涯を信念の元に貫いたのは立派だと思うし中村氏らしい最期を遂げられたと感じます。が、ペシャワール会の憲法9条の精神を世界に広めるというような「理想」を若者達に追及させるのは反対です。中村氏も最後は警護をつけていたように、武器を持っていなければ何もされないというのはただの理想です。

内容を読むと最後に運転手と中村医師を‥銃口向けられた時に恐怖と、ついに来たかと覚悟したんだろうなぁ。
銃撃された後の搬送姿も痛々しくアフガンからも知られて讃えられてるのに襲うなんて本当に悲しいです。

中村先生はなぜころされなくてはならなかったのでしょうか?アフガンのために人生のほとんどを費やした偉人を狙った集団を許せない気持ちでいっぱいです。

恐らく、イスラム教系のテロ集団でしょ。この手ののテロが起こると大多数のイスラム教徒は違います。って報道になる。だけどイスラム教徒がテロ集団と戦ったり、罰したりって聞かないよ。容認してるの?

ご本人もある程度覚悟して現地で活動していたんでしょうけど、あってはいけない事だし、哀悼の意を表すと共に襲撃犯には憤りを感じます。
民間人の医師を襲撃する?
犯行目的不明だし、捕まえるなりの行動を現地政府は取ってくれるのだろうか?続報待ち。



犯人は何者なのか?
この痛ましい事件の犯人は誰なのか?犯人について調べてみました。しかしながら、犯人の情報はまだ明らかになっていないようでした。
nanatsunoumi.net
こちらの記事に少し情報がのっておりましたので参考にさせていただきました。一番疑われているのはタリバンやイスラム国といった過激派組織です。しかし、タリバンはTwitterで関与を否定しています。ということでペシャワール会が治水活動を行っていたということもあって隣国が水を奪われるのを恐れたテロの可能性が高いといわれています。まだ推測で犯人はわかっていませんが許せません。



考察
僕の母校の先輩である中村哲さんの悲報を聞いて非常にショックでした。母校でも講演会などをしてくださり、自分の活動を世に広げようと人生をかけて頑張っている姿はとても見習う部分が多いと感じました。この姿を見て自分を含めて多くの人が世のため人のために活動できたらいいなと思います。ご冥福をお祈りします。

人は愛するに足り、真心は信ずるに足る――アフガンとの約束