ホスト殺人未遂の女 判決確定! なぜ刑がこんなにも軽いのか!?



概要
2019年5月、東京新宿区の歌舞伎町近くにあるマンションで好意を寄せるホストの男性の腹に包丁を突き立て、高岡由佳被告(21)は殺人未遂の罪に問われました。

逮捕後の供述で「好きで好きで仕方がなかった。一緒にいるためには殺すしかないと思ったので、殺そうと思った」と話すなど男性へのゆがんだ愛情を明かしていました。犯行直前には携帯電話に次のようなメモを残していました。

悲劇のヒロインになりたかったです。
どうしたら彼が私以外を見なくなるのか。殺せばいいとわかりました。
殺してしまえば永遠になって、これ以上傷つきません。君以外、何もいらないんだよ。
(高岡由佳被告のメモより)
被害者のホスト男性は寛大な処分を求めました。
刺されたホストの男性と高岡被告は、すでに500万円で示談が成しています。

12月3日の初公判に出廷した男性は、「できれば罪を償うような形ではなく、普通の生活を送られるようにしてもらいたいです」と述べました。



これが裁判にどう影響を与えるのか、注目された5日の判決で高岡被告は4日までと同じ黒のスーツ姿で法廷へ姿を見せました。

裁判長:
被告人を懲役3年6カ月に処する
法廷に響く嗚咽…退廷時には膝をつき泣き崩れる
求刑の5年よりは短いものの執行猶予なしの実刑判決。初めは、身じろぎもせず聞いていた高岡被告だったが、すぐに肩を震わせて泣き始めた。

判決の理由について裁判長は、高岡被告の強い殺意と身勝手な犯行を指摘しました。

裁判長:
ホストである被害者が、被告人の好意を利用していたという面があるにせよ、余りに短絡的で独りよがりな発想。本件が刑の執行猶予を相当とする事案であるとは認め難く、実刑は免れない。

裁判長が判決理由を言い渡す間、法廷には高岡被告の嗚咽が響き、退廷する際にはドアの前で膝をついて泣き崩れました。

3年6ヵ月の実刑判決という重みを高岡被告は今、どう受け止めているのでしょうか。



ネットの反応
ちゃんとこの子を入院治療してあげて。
じゃなきゃきっとまた同じようなことを
繰り返してしまう気がする。
結局被害者側も結婚詐欺に近いことを
しているから正直自業自得な部分もある
けどそれでも人に刃物はむけたらだめ。

ホストの男性も加害者の好意を利用してきたことを否めないから、一概に加害者のみの責任ではないと心に留めている点はまだマシだと思います。自分のみを見ていて欲しいと殺めようとしたのは行き過ぎですね。
これまで人との交流はなかったのかなと思います。社会経験がもう少し豊かであればこんな発想にはならなかったのではないかなと感じます。大好きなホストの為にパパ活をしたりしたそうですが愛情とは違うと思います。
人を愛したり愛されたりという経験をもっと自然に出来れば良かったのに。



刺されたホストの男性と高岡被告は、すでに500万円で示談が成立。

12月3日の初公判に出廷した男性は、「できれば罪を償うような形ではなく、普通の生活を送られるようにしてもらいたいです」と述べた。

被害者であるホストは相当な悪ですよ。
所詮、女を金ヅルにしか思っていませんよ。
初公判での発言も他の女性客へのパフォーマンスでしょう。
自分は優しくて心の広い男アピールですよ。
刺されて痛かったけど、500万円儲かったと、
内心は喜んでいますよ。
しかし、被告の女性が犯した罪は恐ろしいことです。
ちゃんと罪を償って、今度は普通の人生を歩んでもらいたいです。

お金が絡んで風俗までやってしまってここまでしたんだから、本当にこの人のこと愛してるって錯覚してしまったんだね。ホストは依存させるのが仕事。ホストなんて一部のぞいて(かなり寛容に)しょうもない男ばっかりなんだから、一人でも依存して自分のこと大切にできなくなってしまう女の子が減ってくれたらいいなと思います。

いやぁ、被害ホストはここでまで営業トークすべきじゃなかったなぁ。彼女はさらに「歪んだ愛情」を深めたぞ、これは。求刑より2年も短縮したのは彼のおかげと思っての嗚咽でしょ。出て来たら今度こそ「思いを遂げる」ための行動に出ると思うなぁ。その日を夢見て模範囚で過ごすかも…。嫌悪するちっぽけなカス男として証言台に立つべきだったと思う。



考察
この事件は世間でも衝撃が走りました。殺人未遂を犯したのに罪が軽いのではないかと僕は思いました。相手がホストで結婚詐欺的な要素があり被害者が寛大な処分を
求めていたために罪が軽くなったと思いますが、本当に殺人を犯そうとした人を3年6か月で世間に放していいのかと僕は思っています。

桜蘭高校ホスト部