HDD(ハードディスク)窃盗転売 犯人は何者なのか? 会社の管理状況はどーだったのか? 犯行動機は?



ニュースの概要
先日HDD(ハードディスク)が会社から盗まれ、転売されていた事件が発覚しました。このハードディスクには神奈川県民の個人情報が多く載っており、大規模な個人情報流出事件として大きな問題に発展しました。事件の概要は簡単に言うと神奈川県庁からサーバー管理を委託されている富士通リースの社員が本来物理破壊しなければならないディスクを持ち帰りオークションで転売したという事件です。データを復元した購入者が気づき事件が発覚しました。流出した個人情報はまだ半分ほどしか回収できておらず、まだA425億枚分の行方が分かっていないという大問題に発展しています。一体犯人は何者で会社の管理状況はどうだったのか?述べていこうと思います。
参考動画
www.youtube.com



ネットの反応
いい加減な会社だなあ
破壊する前の個数と破壊した後の個数を管理できていたら起きない
この社員だけではない可能性もある
会社倒産レベルの不祥事だ

勤務先のずさんな管理が原因だと思う
台数の管理をやっていれば、持ち出しなんかすぐに発覚していたと思う
何年も発覚しなかったのは管理をきちんとしていなかったからだ

厳重にしているつもりでも、セキュリティは案外中身はこんな感じなのかもしれない。プライバシーを守るって、現代社会では個人レベルの域はもう過ぎている。この文章を入力している際も既になんらかのログが有り、ケータイ画面のカメラに映ってる。スノー●●氏も本気になれば全世界の機器にアクセスできるってカミングアウトしてましたよね。せめて日本人が処分する時は複数担当でお願いします。カメラで監視だけではダメです。また不正アクセスで何かしら漏れる可能性があるから。

こういうの見ていると、
マイナンバーの情報など、守りきれるのだろうか?

とても不安になりました。

データ消去、破棄業者が転売しちゃダメでしょ。
今回の県庁以外にも大量の流出がありそう

この従業員だけでなく会社そのものも倒産になるかと

以前デパートの出入(アルバイト、業者)の出入りでは、警備員がバックの中確認していましたが、こういった機密、個人情報扱うなら、私物の持ち込み(バック、記録媒体)など制限かけるべきだと思います。他人にはゴミでも、中古のHDでも、サーバー用となるとそれなりに欲しがる人いますし、いくつ委託されて、いくつ破棄したかも確認してなかったってことでしょう



犯人は何者?
犯人は高橋雄一容疑者(50)です。彼はベテランかと思われますが、中途入社なので4年目だそうです。これまで大きな問題もなかった容疑者なのですが、なぜこのようなことに手を染めてしまったのでしょうか。過去の出品履歴を見ると5000件ほどの販売履歴が確認されています。中途入社で給料も安くお金に困って行った犯行だと考えられます。
参考文献
trendroom5.com



会社の管理状況は?
会社の管理状況はどうだったのでしょうか。大手との取引も多いこの会社でこの信用の損失は計り知れないものになると思います。今回の事件でずさんな管理状況が浮き彫りになってしまったようです。簡単に毎日のように入手できたとの供述があったことは非常に問題だと思います。処分されているのをしっかりと確認する必要があったのではないかと僕は思います。



まとめ
今回のこの事件は神奈川県民にとって衝撃だったと思います。まだ回収できていないHDDがあり個人情報の流出の心配がまだまだ懸念されています。ですから悪用される前にすべてのHDDを回収できるように尽力してほしいと思います。お読みいただきありがとうございました。

東芝 Canvio 4TB USB3.0対応 外付けポータブルHDD ブラック バッファローサポート対応 国内メーカー 小型 PC Mac コンパクト HD-TPA4U3-B/N