消費増税は必要ない! 日本は借金大国って大嘘!?



昨日の続きで記事を書いていこうと思います。



昨日は消費増税の歴史のついて書きました。



今回はなぜ僕が消費増税は必要ないと思うのか。



理由について記述しようと思っています。



しかしながら、政治についての話になるので賛否両論あって当然だと思います。



今回述べるのはあくまでも事実に基づいた僕なりの見解です。



完全に鵜呑みにはせずにまずは自分で事実について理解し自分で見解を出してください。



そして議論をしていきましょう。政治は議論が大事だと思います。



皆さんもよく考えていきましょう。さて、本題に入ろうと思います。



まず、借金があるんで増税は仕方ないとよくいわれます。



果たしてそれは本当なのでしょうか。



日本は現在1000兆円の借金があるといわれています。



国民一人あたりにすると900万円ほどになります。



そういわれるとやばいんじゃないかと皆さん思いますよね。



しかしながら、この借金の内訳をみると衝撃です。



半分の約500兆円は日本銀行からの借り入れ、もう半分は地方の銀行からの借り入れとなっています。



日本銀行とは日本政府内部の機関で正式には借金に計上されないそうです。



また、地方銀行から借りているということは国民から借りているということに等しくなります。



国民が銀行にお金を預けているわけではですから。



ということはどういうことが言えるのでしょうか。半分は借金ではない。



もう半分は国民から借りている。ほぼ国内での貸し借りなのです。



すなわち、家族内でおかねの貸し借りをしているようなもんなんですよ。



だったら実質借金なんてないんじゃない?っていうことになるのです。



さらに日本は純資産が世界一の国です。



そうなってくると裕福なんじゃないかと思ってしまいます。



例えば、本当にお金がなくて10億円の借金をしている人と高級車を持っていたりその他あらゆる高級ブランド品を持っていて10億円の豪邸のローン借金がある人では借金の意味が違ってきますよね。



日本はまさに後者と言えるわけなのです。



次に消費増税の増収分は何に使われているかという問題についてです。



自民党はよく全額社会保障に使いますと発言します。



これを聞くと国民もなら増税も仕方ないか―って思うかもしれません。



しかし、実際には増収分の20%ほどしか社会保障に使われていないのです。衝撃ですよね。



国民で増収分の使い道を調べる人なんてごくわずかですよね。でも現実はこんな感じなんですよ。



最後にじゃあなんで増税なんかするの?ということについてです。



社会保障とかにも使われていないのなら一体何に使われているのだろう。って思いますよね。



実際には増収分は大企業やお金持ちに使われているのです。



どういうことか。消費税が上がる法人税が下がっているのです。



この差し引きがほぼゼロに近いらしいです。これを聞いて自分はビビりました。



要するに増税はお金持ちが得するだけなんです。



これをきいてどう思いますか?皆さん考えてみてください。



僕は増税しなくてよかったじゃんって思いました。



この件に関して様々な意見があると思います。



まずは事実を知って考えて議論しましょう。



そして、より良い日本を作りましょう。以上で終わります。



今回も中田敦彦のYouTube大学から学ばせていただきました。



本当にありがとうございました。



動画のリンクを貼っておくので是非お時間がある方は見ていただきたいです。



めっちゃ面白いです。



今回もお読みいただきありがとうございました。