現役農学部学生が語る 大学生の現状と実態とは!?



本日は自分の経験をもとに大学生の現状と実態について記述していこうと思います。





まず最初に講義について、どんな感じなのかについて書いていきます。





座学の講義が特に多いのですが、やはり真剣に授業を受けている人は少ないというのが現状だと思います。





講義室はいつも後ろの席ばかりが埋まり、前の席はガラガラ状態です。





中にはいつも前の席に座って真面目に聞いている人もいますが、ごく少数です。





僕もいつも後ろの方に座ってしまいます。





後ろの方に座っている人たちはスマホゲームやsnsをしている人が多くみられます。





せっかくお金を払って講義を受けているのに全く聞かずにスマホばかりいじるのは非常にもったいないことだと思います。



僕が言えるようなことではないですが。





そしてテスト前になると過去問を入手して前日に詰め込み勉強をして単位だけを取っている人が多いと僕は思います。





これは非常に効率悪いし、全く自分のためにならないと思います。





自分もそうなのですが、大学に入ったからには、意欲的に学ぼうとする姿勢が大切だと思います。





今の大学生は小学生よりも学習時間が少ないともいわれています。





バイトや課外活動で学べる部分も多いとは思いますが、本業は学業だと思うので、まずは日々の授業から高い意識を持って取り組むべきだお思います。





大学は個々の意識の差が大きく表れる場だと僕は思います。



名門の大学に入ったとしてもそこで何もしなければ簡単に落ちていきます。





現状、僕も高校の時と比較すると勉強時間が減り、学力が低下してしまっていると思います。





一方で大学からはトレーニングに力を入れてきたので身体能力は向上したと思います。





今後は学業中心に進路実現のために頑張っていこうと思います。





もうすぐ研究室が決まり本格的な研究が始まると思います。





ここで多くのスキルを身に着け、大手企業にアピールできる武器を作りたいと思います。



また、僕は留学を考えているので英語力向上も必要になってくると思います。





研究室、バイト、英語学習としなければならないことがかなり増えるので今までのような堕落した生活を脱して無駄な時間を最大限まで減らしていこうと思います。





最後に、大学を目指している方、今大学生の方に伝えたいのはこの記事を読んだその瞬間から自分の日々の行動を見直し、改善に努めてほしいと思います。




大学は自分の意識で伸びるか落ちるかが決まってきます。





ぜひいろんなことに挑戦しつつ学業に励んでもらいたいです。





お読みいただきありがとうございました。