インターンシップ社台スタリオンステーション 感想 後編



導入
こんばんわ。
www.tommyj1105.xyz
今日は昨日のこの記事の続きです。

見てない方は先にこちらの記事をぜひ読んでください。

前回から社台スタリオンステーションのインターンシップについて書いていました。

今日は午後の作業から書いていこうと思います。
仕事内容
午後は基本的に13時ごろからスタートです。

昼休みは3時間近くあったので非常にゆっくりできました。

午後もほとんどが2月のパレードに向けた練習がほとんどです。

若い子たちが馬を引いて、先輩がそれを指導している感じでした。



その後馬の手入れなどを行い、厩舎に戻したら一日の仕事は終了です。

大体4時には終了していました。

実働で言うと6時間程度でしたが、寒さと力仕事があるので非常に体力的に堪えました。

残業などはほどんどありませんでした。
食事
次に食事面についてです。

食事は基本的に皆食堂で済ましています。

朝から夕方まで営業されていて、基本的に日替わりでメニューは決まっています。

さらにインターンシップ生は無料で食べることができます。

朝ごはんは前日の食堂でもらえるパンで昼と夜が食堂みたいな感じです。



そこそこおいしくて非常に満足しました。
住まい
次に宿についてです。

ほとんどの社員が社宅か寮に住んでいます。

僕は寮を無料でお借りしたのですが、立てられたばかりで非常にきれいでした。

部屋は広くはないですが、浴槽、トイレ、ベットがあったので非常に満足しました。

また、共用のキッチン、冷蔵庫、洗濯機がありました。

洗濯機は乾燥までしてくれるドラム式のものだったので非常に使いやすかったです。
人間関係
次に人間関係についてです。

僕的には若い人が多いなという印象でした。



20代前半の人も多くなじみやすかったです。

先輩方は結構恐れられている人も多いようです。
休日
次に休日についてです。

スタリオンは休みが少なく週六勤務が基本だそうです。

休みの日は苫小牧やすすきのなどに車で街に繰り出しているようです。

付近にはあまりお店等がないので車は必須ですね。
まとめ
最後に社台スタリオンステーションにインターンシップに行こうと思っている人、就職しようと思っている人へアドバイスを送ろうと思います。

まずは想像以上に寒いです。



ですから、ワークマン等で温かいインナーを多めに買うといいと思います。

また、手先と足先と耳は特に冷えるのでニット帽、手袋、分厚い靴下などがあると非常に良いと思います。

また、離職率も非常に高いので本当に競馬、馬が好きな人、やる気がある人でないと続かないと思います。

以上で終わりますが、少しでも参考にしてくれたらうれしいです。

今回も閲覧いただきありがとうございました。

質問等がありましたらコメントお願いします。

では、また。