新型コロナウイルスにマスクは無意味!? その理由とは?



f:id:TommyJ1105:20200514185249p:plain

前書き

こんばんは。

今回も新型コロナウイルスについて書いていこうと思います。

ウイルスは何かということを知らない人が多いと思います。

これを機に知識を身に着けていただけたら嬉しいです。

ウイルスとは何か?

ウイルスとは他の生物の細胞を利用して自分を複製する微小な物体です。

つまり生物ではないのです。

ウイルスは生物と非生物の間の曖昧な存在なのです。

細菌は単細胞微生物であり、細胞を持っていますが、ウイルスは細胞を持っていません。

ウイルスはカプシドとエンベロープでできています。

カプシドとは核酸を覆うたんぱく質のことで、エンベロープはそのカプシドを覆う正多面体の殻です。

生物は細胞が細胞壁で隔たられているのに対して、ウイルスは先ほど行った、カプシド、エンベロープで隔てられています。

また、生物はDNAとRNAの両方を持ちますが、ウイルスはDNAかRNAの片方しか持ちません。

しかしながら、ウイルスはDNAウイルスでもRNAの機能を一部持ってたりします。

DNAとはデオキシリボ核酸の略称で遺伝子情報を保持しています。

一方、RNA とはリボ核酸の略称で遺伝子情報をコピーする役割を持っています。

,また、ウイルスの種類は5000万以上あり、病気をもたらすのはそのうち数百種類です。

ウイルスの予防法

ウイルスの予防法にはワクチンがあります。

ワクチンには生ワクチンと不活化ワクチンがあり、生ワクチンとは弱めたウイルスを体内に入れることで、免疫力、持続力は高いが、副作用が起こる可能性が高いです。

一方、不活化ワクチンは殺したウイルスを体内に入れることで、免疫力、持続力は低いが、副作用が起こる可能性が低いことが特徴です。

ゆえにワクチンとはウイルスを事前に体内に入れることで免疫力をつけさせる予防法なのです。

しかしながら、ワクチンは完全な予防法ではありません。

ウイルスは抗原が変化する場合があります。

抗原が変化してしまうと全く別のウイルスになることを意味するのでワクチンが効かなくなってしまいます。

また、ウイルスのエンベロープを通過できないワクチンが存在することもあり、ワクチンは不完全であります。

マスクは意味がない!?

最後にマスクは意味があるのかという問題に関してです。

マスクは全国で品薄になってしまうほど一般的な予防法になっています。

しかしながら、マスクには欠点があります。

マスクはどうしてもすきまが開いてしまうのです。

なら、その隙間をどうにかしてしめればいいじゃんと思う人がいると思いますが、そういうわけでもありません。

マスクの布の部分のすきまの大きさはおよそ5㎛に対して、ウイルスの大きさは0.025㎛~0.35㎛なので筒抜けなのです。

ゆえにマスクをしていてもウイルスは出入りし放題なんですよ。

しかしながら、マスクが全く意味ないわけではありません。

つばによる飛沫感染や口を触ってしまうリスクを軽減するには効果がありますが、これはつけないよりはまし程度なのです。

少しでもリスクを減らせるのならばつけた方がいいと思いますが、僕はアルコール消毒などほかの予防を進んて行くべきだと思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回も閲覧いただきありがとうございました。

早くコロナ収束してほしいですね。

皆さんで協力して頑張りましょう。

最後にコロナ対策グッズを掲載しておくので是非利用してみてください。


出典


【コロナショック①】ウイルスとは何か?

【コロナショック②】ウイルスにしっかり対応していこう
https://1.bp.blogspot.com/-q0vC8T9XRSg/XiOwuwtXJLI/AAAAAAABXHk/clxgC9d2E8YrWluWTw0NFYP832mEMdN-ACNcBGAsYHQ/s400/virus_corona.png
今回はこちらの2つの動画を参考にさせていただきました。

また、URLの画像をアイキャッチ画像として利用させていただきました。

ありがとうございました。